10月20日

「鹿検知コンペティション」及び
「パブリックビューイング」は
予定どおり開催します!

道の駅『南アルプスむら長谷』では、
最新鋭のドローンを展示している「ドローンミュージアム」のほか、
鹿嶺高原の鹿検知コンペティションの様子を
9時~15時、パブリックビューイングにて
無料でご覧いただけます。
ご来場をお待ちしております!

  • 「鹿検知コンペティション」及び「パブリックビューイング」は、
    急な天候の変化により、中止・中断させていただく可能性がございます。
rss_feed NEWS 
2017.10.16
デモンストレーションする製品・技術が決まりました!詳しい紹介はこちら
2017.09.25
「鹿検知コンペティション」参加チーム紹介ページを公開しました
2017.09.25
ふるさと納税の返礼品「ドローン・フェスのプレミアム観覧・体験付き宿泊プラン」で、秋の伊那市へお出かけください。
2017.09.12
「シンポジウム」及び「ビジネスマッチング」の募集を開始いたしました。【申込フォーム】よりお申し込みください。子ども向け体験会「ドローン・ラボ」の詳細を更新しました
2017.07.31
「鹿検知コンペティション」の応募受付を終了させていただきました。
2017.07.04
鹿検知コンペティションの募集を開始しました。
2017.07.04
ドローン・フェス in INA Valley のWEBサイトを公開しました。
長野県伊那市では新産業技術推進協議会を設置し、官民協働にてIoTを活用した地域課題解決や事業創出の推進を図っています。今後、伊那市が「新産業技術のまち」となることを目指し、中でもドローンの活用を柱に据えて活動を展開しています。このたび、ドローンに関する技術開発及び事業展開の支援を本格的に推進する第一歩目のスタートとして、ドローン総合イベント『ドローン・フェスin INA Valley』(10月18日~21日)を実施いたします。全国の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時:10月18日(水)10:00~13:00
場所:長野県伊那市「美和湖公園」(長野県伊那市長谷黒河内219)

最新のドローン技術(実験中を含む)を実際に見学することのできるデモフライトを実施いたします。伊那市が注力している「獣害対策」「物流」「防災」というテーマに沿った技術を集めました。

観覧は無料です。企業や行政関係者をはじめとする多くの方々のご来場をお待ちしております。

  • 本デモンストレーションを観覧ご希望の方は、当日直接会場の受付にお越しください。
  • 直射日光が強い場合に備え、帽子とサングラスをご持参願います。
  • 荒天時は、会場を「ほりでいドーム(伊那市高遠町勝間176-1)」に変更して実施する予定です。会場変更のお知らせは当ホームページにてご案内いたします。
  • 報道関係者におかれましては、以下のフォームより事前登録をお願いいたします。プレスミーティングを実施いたしますので、別途そのご案内をさせていただきます。

報道関係者用 事前登録フォーム

日時:10月18日(水)14:00~16:00
場所:長野県伊那市「美和湖公園」(長野県伊那市長谷黒河内219)

ドローンの性能を体験できるイベントです。

ドローンという言葉は知っていても、実際にどのようなものなのか、果たしてビジネスに使うことができるものなのか、ご存知でない方々も多いと思います。ドローンの機体の大きさや音の大きさ、ドローンで撮ることのできる動画や静止画のクオリティなどを直接体験することができます。

ここでの体験を通してドローンの可能性を感じていただき、ひいては今後のビジネスにおける生産性向上や新規事業の展開につなげていただくことを期待しています。

  • 参加費は無料です。
  • ドローン空撮体験会は13:00より受付を開始いたします。ご参加希望の方は、当日直接会場の受付にお越しください。整理券を配布いたします。
  • ご参加いただける人数に限りがございますので、できるだけ早めにご来場くださいますようお願いいたします。
  • 撮影した画像は当ウェブサイトに掲載させていただきますのでご了承願います。(参加者は当ウェブサイトからダウンロードすることにより撮影した画像を入手することができます)
  • 直射日光が強い場合に備え、帽子とサングラスをご持参願います。
  • 荒天時は、中止とさせていただきます。中止の場合のお知らせは当ホームページにてご案内いたします。

error_outline Mission 指定エリアに設置した鹿ダミーを短時間で正確に検知する

募集数を大きく上回るチームからお申込みをいただきましたため、応募受付を締め切らせていただきました。多くの企業・学校様よりご参加のお申込みを賜り、誠にありがとうございました。
参加チームの募集は終了いたしました

目的・概要

ドローンを使って、いかに早く多く正確に鹿(模型)を検知できるかを競うイベントです。

野生獣による農林業等の被害は、伊那市だけの問題ではなく、日本全国の広範囲にわたっており、社会的課題とも言えます。ドローンの活用による野生獣の検知の効率化は、全国的にも獣害対策の有効な手段として期待されます。実行化に向けてはまだ多くのハードルがありますが、こうしたドローンの技術の確立を促進することで、今後、地域の産業の振興にもつなげていきます。

開催中は、コンペの状況を道の駅 南アルプスむら長谷にてパブリックビューイングの映像によりご覧いただけます。

  • 参加チーム及び関係者以外は、入場できません。

実施期間

本コンペティションの実施期間は2017年10月19日(木)~10月20日(金)の2日間です。

  • 実施時間は両日ともに10:00~15:00です。
  • 表彰式・結果発表会を21日(土)に開催します。各参加チームにおいては代表者(発表者)を選出しご出席をお願いいたします。
  • 悪天候の場合等、安全のため必要があるときは、実施期間中であっても繰り上げ終了する場合があります。

コンペティション実施会場

長野県伊那市 鹿嶺高原(長野県伊那市長谷非持3817-1)

中央自動車道伊那インターチェンジから約32キロメートル
中央自動車道諏訪インターチェンジから約42キロメートル

  • 公共交通機関はありませんので、自家用車などをご利用ください。
  • 悪天候の場合、近隣の屋内施設にてコンペティションを実施することを検討しています。屋内施設におけるコンペティションの仕様詳細については、参加チームに後日あらためてご連絡いたします。

blur_on 参加費

  • 本コンペティションへの参加費用は無料です。
  • 参加賞として、各チームに12万円ずつ支給いたします。研究開発費をはじめとする準備運営費用に充てていただきますようお願いいたします。

blur_on 競技ルール

  • 鹿嶺高原における指定エリア(約700㍍×200㍍)に設置した鹿ダミーを、ドローンを活用していかに正確に速く検知できるかを競っていただきます。
  • ドローンの飛行方法は、原則、自律飛行にて行っていただきます。
  • 検知の方法や使用する機器は自由です。

blur_on 鹿ダミーについて

  • 鹿ダミーは鹿の全身はく製を使用します。背中部分が周囲より高い温度を発する特徴を有しています。
  • 鹿ダミーは複数体設置し、検知できた数と速さを競っていただきます。なお、鹿ダミーは全身はく製のため、それぞれサイズ・色・形ともに個体差があります。
  • 当初、鹿ダミーは木製でサイズ・色・形を統一すると発表しておりましたが、より実用的な技術の発掘を目指すため、鹿ダミーにつきましてもよりリアリティを追求することとなり、全身のはく製を使用することに変更いたしました。

blur_on 参加資格

  • 参加チームは、企業又は複数名のメンバーにより構成される団体。法人格の有無や、メンバーの所属組織が同一であるかどうかは問いません。
  • 参加チームのメンバーである個人、及びその個人が所属する企業・団体の構成員に反社会的勢力に属する者が含まれていないこと。
  • 必要に応じコンペティション実施日までに国土交通省航空局に無人航空機の飛行申請を行い、許可・承認を得ること。申請書の書き方などについては、事務局より参加チームにあらためてご連絡いたします。
  • 申込受付にあたり、一定の審査がございます。予めご了承願います。
  • 参加チームの人数が5名を超える場合には、事前に事務局までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

blur_on 報道機関の皆様へ

  • コンペティション当日は、会場を関係者以外立ち入り禁止とさせていただきますが、事前にご登録いただいた報道関係者におかれましては、取材を受け付けております。
  • 取材をご希望される報道関係者におかれましては、以下のフォームより事前登録していただきますようお願い申し上げます。

報道関係者用 事前登録フォーム

参加チームの募集は終了いたしました

「空の産業革命」と呼ばれるドローンがもたらす可能性と、企業は今後ドローンをどのように活用すべきかについて、有識者をお迎えし、最新の情報や見解を伺います。

パネルディスカッションでは、「ドローンと物流」をテーマとし、ドローンによる物流が変える社会環境やそれを実現するための課題、そこに眠るビジネスチャンスなどについてセッションが行われます。

日時:10月21日(土)10:00?16:00
会場:「高遠さくらホテル」(長野県伊那市高遠町勝間217番地)

<主なプログラム>

1. 10:00?12:00
data_usage 開会挨拶・来賓紹介
data_usage 基調講演①「ドローンが切り拓く今後のビジネスの変化と展望(仮)」
講師:鈴木 真二 氏
(東京大学大学院工学研究科 教授・一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)理事長)
data_usage 基調講演②「2020年におけるドローン物流の姿と産業界に期待するもの(仮)」
講師:大庭 靖貴 氏
(国土交通省 総合政策局物流政策課企画室 課長補佐)
2. 13:00?16:00
data_usage シンポジウム「ドローン物流がもたらすビジネスチャンスと乗り越えるべき課題」
【パネラー】
白鳥  孝 氏 (伊那市 市長)
大庭 靖貴 氏 (国土交通省 総合政策局物流政策課企画室 課長補佐)
小池 信也 氏 (日本郵便株式会社 郵便・物流事業企画部 部長)
原  尚史 氏 (株式会社NTTドコモ イノベーション統括部事業創出・投資担当 担当部長)
神戸 博之 氏 (株式会社クエストコーポレーション 代表取締役)
【モデレーター】
熊田 貴之 氏 (ブルーイノベーション株式会社 代表取締役)
data_usage 『鹿検知コンペティション』表彰式&技術レポーティング
『鹿検知コンペティション(10月19・20日実施)』の表彰式と、各出場チームより大会を通じて得た知見を発表してもらう技術レポーティングを行います。今後、本格的にドローンを活用した獣害対策を進めるにあたり、技術的な課題や進むべき方向性について議論します。

<参加申込方法>

以下の申込フォームより、必要事項をご記入の上お申し込みください。お申し込みは先着順(定員200名)にて受付させていただきます。なお、参加費は無料です。

  • 報道関係者におかれましては、以下のフォームより事前登録をお願いいたします。

報道関係者用 事前登録フォーム

「鹿検知コンペティション」参加企業を中心としたドローン企業に対し、ドローンのビジネス活用について無料で相談できるイベントです。 日本各地から集まった技術力の高い企業と直接面会できる絶好の機会でございますので、技術的な相談だけでなく、自社製品・サービスのPRにもご活用ください。

日時:10月21日(土)13:30?16:00
会場:「高遠さくらホテル」(長野県伊那市高遠町勝間217番地)

<参加申込方法>

  • 以下の申込フォームより、必要事項をご記入の上お申し込みください。
  • 申込期限は、10月11日(水)です。
  • 参加費は無料です。
子どもたちに、楽しくドローンを体験してもらうイベントです。
ドローンを使った楽しいゲームを用意しております。
  • ドローン未経験者大歓迎!
  • インストラクターによる指導のもと、実際にドローンを飛行させてゲームに挑戦!
開催日時 10月21日(土)10:00~16:00
受付時間 9:00~15:30
受付場所 高遠町文化センター駐車場(長野県伊那市高遠町西高遠810-1)
開催場所 ほりでいドーム(長野県伊那市高遠町勝間176-1)
料  金 無料
対象年齢 小学校3年生~6年生
参加方法 当日、高遠町文化センター駐車場にて受付
  • 参加券を入手してから、ほりでいドームにお越しください
定  員 140名(先着)

注意事項

  • 雨天決行
  • 荒天・災害などの理由により、イベントが中止になる場合がございます
  • 参加には、高遠町文化センター駐車場にて配布している『参加券』が必要になります
  • 参加券の<紛失・盗難・破損>等、いかなる理由でも参加券の再発行はできかねますので、ご了承ください
  • 定員に達した時点で参加受付を終了させていただきます
  • マシントラブル等の事情により、イベントを中断させていただく場合がございます
  • お客様個人のドローンはご使用いただけません
  • 内容は予告なく変更される場合がございます

スタッフの指示、ルールを守って安全に楽しく参加しましょう!